日常

芸術の秋を迎えて

寄り道をするときっとステキなことが起きる。 そんな言い訳をするようにランニングをしたいがために朝から電車に乗った。 人少ない駅で、向こうにいる子どもたちも虫かごを持って遠足をしに行く様子。 年齢は違うがきっと気持ちは同じはずだ。 手探りで時間…

ひきこまれるモノ

4連休は地元の大阪に帰省し隈なくランニングしている。 育ててくれた環境を、「あれはどうなったんだろう?」と走らせるとどんどん足が加速していくのだ。 当然といえば当然なのだが、帰ってくると僕の地元の人たちはみんなマスクをしている。行きつけだっ…

ワインレッドと老い

4連休の初日。 神戸に帰るという後輩の車に同乗させてもらい、実家である大阪へ戻ってきた。 その晩は父と母とコロナ以来3人で晩御飯を食べた。 いつも酒を飲んでいる父親なので、今日も変わらず飲むものと思い、先にお酒を飲んでいたのだが、父親はアルコ…

最上階の喫茶店

仕事の昼休み。 職場の仲間とご飯を食べにいくのだが、昼間はサラリーマンでごった返している。 飯は旨いのだが、昼休みという制限と慌ただしい空気感の中、何を食ったのかその夜には忘れることもしばしば。 あまりに忙しく休んだ気がしない。 むしろ昼休み…

熱田神宮

転勤して、初めての運転。 1つも知らない道を走るのは正直怖い。 びゅんびゅん抜かされながらも、安全第一にトロトロ運転していた。 帰り道。 道路の看板をみると”熱田神宮7㌔”と書かれている。 ナビで見るとちょうど帰り道沿いにあるようだ。 ここ最近の…

なにもない都会の誘惑

転勤をしてからの都会からの帰宅。 ご飯、音楽、雑貨… 都会の夜は誘惑がすごい。 みんな忙しそうな顔をしている朝から一変、夜はコロナ禍なんのその。 ネクタイとマスクがヨレヨレになったサラリーマンがへべれけになって都会の誘惑に流されている。 「そり…

アメリカ大統領選と視点

2021年1月20日に新アメリカ大統領が決まる。 そんなアメリカ政治について僕がここ半年以上ずっとどハマリしているオリエンタルラジオの中田敦彦さんの動画を通じて感じた、”視点”についてまとめようと思う。 www.youtube.com 今回アメリカ政党について取り上…

正論ハラスメント

何をするんだ? いつするんだ? お前は何をしてたんだ? 今後どうするんだ? 考える間もなくひたすら問い詰めていく部長。 えっと、あっと、と言葉を詰まらせる上司。 これが昨日見た、新しい職場の会議での1シーンだ。 *****************…

産まれてきてくれて、ありがとう

9月5日に産まれた子どもと昨日、初めて会った。 コロナの影響で産まれてから1度も会うことができず、父親としての実感があいまいな感覚で日々を過ごしていたが、ついに病院から子どもが退院すると聞いた。しばらくは奥さんの実家で僕の子どもはお世話にな…

気にもとめないモノ

今日は休み。 手帳をゆっくりと見かえしてみた。 手帳を一枚めくっただけなのに、随分と昔の僕がそこに書かれている。 2週間前の記憶がはるか遠い過去だ。 引っ越しから・・・ ホテル生活に・・・ 新天地から 出産。 ずっと変わらずにあった生活が、ゲームカセッ…

凍ったお祭り

新天地での職場へは電車通勤となる。 東海地方の田舎で仕事をしてきた自分としては、満員電車にのるコロナへの恐怖感が半端ない。 マスクが予防になるのか怪しいので、車内に入ると息を止めてみた。が、まるで息が持たないので一回でやめた。 電車通勤なんて…

新天地への心構え

本日から新天地で仕事が始まる。 朝から不安と期待でいっぱいになっている。 その割合がいくつかといったら不安9:期待1 いやそれ以上に不安だ。 ********************** どうしてこんなに不安を感じるのだろうか。 名著「嫌われる…

山月記を読んで

中島敦の「山月記」をよんだ。 中国最高峰学、科挙を合格した主人公李徴が、超エリート街道を進みながらも、これは違う!と自分が本当にしたかった詩人になる瞬間がある。 こんなにエリートで成功していて、そこから全て投げ捨てて詩人になる勇気、自分にあ…

子どもからみた僕の存在

こどもが産まれたばかりだからこそこの記事を残しておきたい。 自分はこれからどうなっていくのだろうか。 父親なら子供が生まれたことで、生活に責任をもち、しっかり育て上げて一生懸命仕事に力を注ぐというのが、世間の常識だろう。 でも僕は違う。 子ど…

ぼくの子どもが生まれた

「生まれたよ」 9月3日朝10時に奥さんから連絡が入った。 「えーーーー!うまれたの!?うわ、ほんとにおめでとう!」 とそんな感じなことを言ったような言ってないような、とにかく僕は急なことで興奮していた。20秒ぐらい話すも、 「ドタバタしてる…

最高の休日でどんなのだろう?

引越しの手続きも終え、忙しい日々も落ち着きを取り戻した。 今日は朝から晴れており、ランニングしながら自分の今感じる想いを整理してみた。 早く自分の居場所を見つけたい。 慣れない新天地でどこか生き急ぐ自分が引っ越してからずっといた。 でも今日は…

最後の仕事

転勤をするため、今日は僕にとって東海地方最後の仕事の日となる。 最後の仕事をする前に、この地方で働いた6年半をざっくりと振り返っておこうと思う。 *************************** 一人暮らしをしたのは、この仕事に就いて初…

ぬくもり

9月に転勤する関係で仕事も最後の佳境に入っている。 関連会社への対応や引き継ぎ業務、資料の整理など、僕の全ての時間がいま会社のために注がれていく。 会社にとっては、めちゃくちゃ大事なことで、僕自身も責任のあることだと認識し、必死で食らいついて…

見られないホテルの生活

次の職場の引き継ぎ関係で人生初のホテル生活をしている。 朝ごはんもついており、環境としては申し分ないのだが、日々を満足しているかとそうではない。 今までは奥さんと二人暮らしをしていたが、現在奥さんは実家に帰省しており、一人ホテルで寝泊まりし…

川を渡る

今の職場から次の職場への引き継ぎの関係で数日間、ホテル暮らしが始まった。 今日はそのホテルから天気もいいのでランニングをしてみた。 海に繋がる河川敷を走っていく。 カンカンに太陽が出ており、Tシャツがバケツで水をかけられたように汗でびしょびし…

もぬけの殻

転勤の関係で、ぼくは今日引っ越しをする。 引っ越しに伴いお別れになる赤いソファー。 なんだか赤いソファーもそんな状況の空気を読んだかのような佇まいだ。 思い出の詰まったこの部屋で、昨日最後の夜を過ごした。 荷出しの準備も終えてビールを一本グビ…

リスクのたんぽぽ

リスクを想定して次の準備に備える。 当たり前であり大事なことだが行き過ぎるとそれはイジメでしかない。 関連会社が訪問先で足を滑らし転倒したと連絡が入った。 「けがはないんですけど、もし後で何かあったらあれなので念のため連絡しましたー」とのこと…

元上司とウナギ弁当を食べながら

僕の異動を聞いて、元上司が昨日お昼に誘ってくれた。 会議室に案内されると、そこにはウナギ弁当が2つ用意されており、 「まぁ食えよ」と元上司に言われ、僕は遠慮なく蓋を開けた。 少しこの元上司について説明すると、僕が所属していた部の3年前の部長で…

後輩M

職場の後輩Mがここ最近、活き活きと輝いてる。 そんなMを見ていると、嬉しくなる一方で、「人」という生き物の恐ろしい一面を感じ取ってしまうのである。 Mは、まじめで細いつぶらな瞳をしているまだ入社歴の浅い後輩だ。 Mは新卒ではなく、中途採用とし…

深夜の2時まで残業をして

今日は2時間半しか寝れていない。 眠れなかったのかというとそういうわけでもない。 仕事が終わったのが、深夜の2時だったのだ。 ここまで遅いのは滅多にない。数年に一度のレベルだ。 顧客情報を紛失したり、交通事故にあった等、組織としての危機管理に…

夏がダメだったり、セロリが好きだったり

僕の家では洗濯物を干すルールとして、洗濯機から洗濯物を取り出すのが僕、ハンガーに服をかけるのが奥さんということで作業分担している。 ここでよく性格の不一致が生じるのだ。 例えば奥さんは、「僕と奥さんの洗濯物を分けて干したい」ため、奥さんの洗…

おもちゃ箱のようなラスベガス

奥さんに一眼レフの使い方を教えるため、カメラを起動させたら、ラスベガスへ行った時の写真が残っていた。 ラスベガスへいったのは2年前の2018年の9月だ。 2年前の記憶なのに懐かしいを通り越して、なんだか別の人の記憶を覗くように一眼レフのデー…

タモリの魅力

タモリ倶楽部でコロナ期間中に企画した「ストリートビューでオンライン撮り鉄」がギャラクシー賞を受賞したというニュースを目にした。 ☟こちらがそのニュース news.yahoo.co.jp さっそくYOUTUBEでアップロードされていた動画を見てみたのですが、これがとに…

僕は嘘をついた

僕は昨日嘘をついた。 仕事でその場をやりぬこうと大したことではない、早く解決させたいという想いで嘘をついた。そしたら至る所に矛盾が起きて、5分もせず「すいません。嘘をつきました。」と謝ることになった。 「え?なんで嘘をついたの?」と上司があ…

不正と向き合う

関連会社が不正をしたと騒ぎになっている。 不正内容をざっくり言うと、関連会社が行ったという作業場所と会社が抽出した位置情報が一致しないというのだ。 上からは血眼で、この不正があったのか証拠づくりのため、位置情報データを分析するよう指示がでる…